東京工業大学 物質理工学院 応用化学系

多湖研究室

     
集合写真_2020
2020年 9月 集合写真 @東工大

 多湖研究室では、固体触媒を含む機能性材料の合成と触媒反応工学に基づく触媒設計に関する研究を行っています。 環境・エネルギー問題を解決するため、新規材料の開発と物理化学に基づく解析、およびそれらを組み込んだ触媒反応プロセスの提案と開発を行っていきます。

研究室パンフレットはこちら→ 日本語版/英語版

新着情報news 過去の情報は → こちら

2020年10月28日
7th KSIEC-JPI Joint Symposiumにて藤墳先生が講演を行いました
2020年 9月25日
M2 1名とB4 1名に学位が授与されました
これからの活躍を応援しています → 写真
2020年 9月24日〜26日
オンラインで開催された化学工学会秋季大会にて、M2 2名が口頭発表を藤墳先生がポスター発表を行いました
2020年 9月16日〜18日
オンラインで開催された触媒討論会が開催され、多湖先生、藤墳先生が口頭発表を、M2 1名がポスター発表を行いました
2020年 9月 1日
ゼオライト担持Pt触媒による水素化異性化・分解反応に関する論文がJournal of the Japan Petroleum Instituteに掲載されました → 研究業績
2020年 8月31日
学士特定課題研究発表会が開催され、B4 2名が発表を行いました
2020年 8月 6日
修士論文発表会が開催され、M2 1名が発表を行いました
2020年 8月 3日
学士特定課題プロジェクト発表会が開催され、B4 1名が発表を行いました
2020年 6月 6日
Zoomにて大学院希望者向けの研究室紹介を行いました
多くのご参加ありがとうございました
2020年 5月15日〜16日
Zoomにて大学院希望者向けの研究室紹介を行いました
多くのご参加ありがとうございました
2020年 5月 1日
Rh微粒子内包ゼオライトを用いたMTO反応に関する論文がCatalysis Todayに掲載されました → 研究業績
2020年 4月 2日
新しく博士学生1名、修士学生3名、学部学生2名が配属されました → メンバー
2020年 3月26日
M2 2名が修士課程を修了しました。
これからの活躍を応援しています! → 写真
2020年 2月28日
藤墳先生に八洲環境技術振興財団より「八洲奨励賞」が授与されました → 写真
2020年 2月20日
学士特定課題研究発表会が開催され、B4 1名が発表を行いました
2020年 2月 7日
修士論文発表会が開催され、2名が修論発表を行いました
2020年 1月27日
第14回工業触媒研究会フォーラムにて多湖先生が講演を行いました
講演タイトル「反応工学に基づくナフサ接触分解触媒の開発と評価」
2020年 1月24日
触媒学会東日本支部講演会(東工大開催)にて多湖先生が講演を行いました
講演タイトル「金属超微粒子内包ゼオライト触媒によるメタン改質」
2019年11月 9日〜10日
研究室旅行で那須塩原に行きました → フォトギャラリー
2019年11月 1日
酸化鉄系触媒による脱OH反応に関する論文がJournal of the Japan Petroleum Instituteに掲載されました → 研究業績
2019年10月31日〜11月 1日
山形で開催された石油・石油化学討論会にて藤墳先生が口頭発表を
またM1学生1名がポスター発表を行いました
2019年10月30日
山形で開催されたJPIJS講演会にて藤墳先生が講演を行いました
講演タイトル「イオン交換樹脂を炭素源とした高密度炭素担持金属触媒の調製と脱水素/水素化反応への展開」
2019年10月15日
金属内包ゼオライト触媒によるメタンドライリフォーミング反応に関する解説記事がゼオライト誌に掲載されました → 研究業績
これ以前の更新情報は → こちら

連絡先

〒152-8552
東京都目黒区大岡山2-12-1
南1 304(教授室)、南1 305(学生室)

TEL 03-5734-2115(教授室)
2629(学生室)

Email:
tago(atmark)cap.mac.titech.ac.jp
(スパム防止のため@を(atmark)にしております)