JAPANESE / ENGLISH
多湖研究室 Tago laboratory
東京工業大学  物質理工学院 応用化学系 応用化学コース
Dept of Chemical Science and Engineering, School of Materials and Chemical Technology, Tokyo Institute of Technology
集合写真_2017s
  2017年 研究室旅行(浜名湖)

 多湖研究室では、固体触媒を含む機能性材料の合成と触媒反応工学に基づく触媒設計に関する研究を行っています。 環境・エネルギー問題を解決するため、新規材料の開発と物理化学に基づく解析、およびそれらを組み込んだ触媒反応プロセスの提案と開発を行っていきます。

研究室パンフレットはこちら→ 日本語版/英語版

新着情報newsこれまでの情報はこちら → 過去情報 

  
2017年11月30日〜12月1日
岐阜市で開催された第33回ゼオライト研究発表会にてM1 2名が発表を行いました。
2017年11月18日〜19日
研究室旅行(浜松)へ行きました。
2017年11月16日〜17日
鳥取市で開催された第47回石油・石油化学検討会にて藤墳先生が発表を行いました。
2017年 9月30日
新しく4年生1名が加わりました。 → メンバーへ
2017年 9月26日
新しく研究生1名が加わりました。 → メンバーへ
2017年 9月20日〜22日
愛知で開催された第49回化学工学会秋季大会にて藤墳先生とM1 1名が発表を行いました。
2017年 9月12日〜14日

愛媛で開催された第120回触媒討論会にて藤墳先生とM1 2名が発表を行いました。
M1小林君が学生ポスター発表賞を受賞しました。 → photo
2017年 8月24日〜26日
香港で開催された17th Congress of the Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE2017)にて藤墳先生がポスター発表を行いました。
2017年 5月 23日
東京・船堀で開催された石油学会 第22回JPIJSポスターセッションにてM1 2名が発表を行いました。
2017年 5月15日〜17日
札幌で開催された16th Korea-Japan Symposium on Catalysis (KJSC)にて藤墳先生が発表を行いました。
2017年 4月 5日
新しく4年生3名が配属されました。 → メンバーへ
2017年 3月27日
卒業式が行われ、M2 2名、B4 3名が無事卒業しました。
これからの活躍を期待しています。
2017年 3月 6日〜 8日
芝浦工大で開催された第82回化学工学会年会にてM1 1名がポスター発表を行いました。
2017年 3月 4日
東農工大で開催された化学工学会 学生発表会にてB4 2名が発表を行いました。
2017年 2月21日
化学工学コース卒業研究発表が開催されB4 3名が発表を行いました。
小林君が金賞を獲得しました。
2017年 2月13日〜14日
化学工学専攻 修士論文発表会が開催されM2 2名が発表をしました。
2017年 1月18日〜19日

東京大学で開催された第12回バイオマス科学会議にて藤墳先生がポスター発表を行いました。
タイトル「メタノールを水素源としたPt担持アルミナ触媒によるリグニンモデル含酸素官能基の水素化分解」
2016年12月16日
多湖先生が旭川高専にて東工大の入試説明会を行いました。
2016年12月 9日

多湖先生が触媒学会北海道支部室蘭講演会にての講演を行いました。
タイトル「反応工学を通した触媒の研究−触媒調製とバイオマス転換,ナフサクラッキング−」
2016年12月 9日

成蹊大学で開催されるJPIJS関東地区討論会「石油産業の役割と若手エンジニアの未来像」にて藤墳先生が講演を行いました。
タイトル「低品位炭・バイオマスの化成品転換を目指した反応系の構築」
2016年12月 2日〜 3日

宮崎で開催されたThe 29th International Symposium on Chemical EngineeringにてM2林 君が口頭発表を行い、Oral Presentation Awardを受賞しました。 → 写真  
2016年12月 1日〜 2日
東京で開催された第32回ゼオライト研究発表会にてM2古屋 君が口頭発表を行いました。

Contents

連絡先

〒152-8552
 東京都目黒区大岡山2-12-1 S1-5
 南1 304(教授室), 南1 305(学生室)

TEL 03-5734-2115(教授室), 2629(学生室)